1:帰社倶楽部φ ★:2011/08/30(火) 11:23:09.99 ID:???0

アメリカ政府が、1940年代に中米のグアテマラで、薬の効果を調べるために、精神的に障害のある人たちを性病に感染させる人体実験を行っていた問題で、調査に当たってきた専門家による委員会は、29日、実験で少なくとも83人が死亡したことを明らかにしました。

この問題は、1946年からの2年間、アメリカの衛生当局に所属する研究者らが、当時新しく開発された抗生物質の効果を調べるために、グアテマラで精神的に障害のある人や受刑者、兵士などを梅毒などの性病に感染させていたものです。
去年10月、アメリカのウェルズリー大学の教授の研究によってこの問題が発覚して以来、オバマ大統領の指示で実態の調査に当たってきた専門家による委員会は、29日、ワシントンで調査結果を発表しました。
それによりますと、実験はおよそ5500人に行われ、このうち1300人が性病に感染し、少なくとも83人が死亡したということです。
この問題で、オバマ大統領がすでにグアテマラのコロン大統領に電話をかけて直接謝罪していますが、委員会のグートマン代表は、被害の実態が具体的に明らかになったことを受けて、「今後、同じことが二度と起きないように、私たちは過去から学ばなければならない」と強調しました。
委員会は来月、調査結果をまとめた報告書をオバマ大統領に提出することにしています。

8月30日 11時2分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110830/k10015239511000.html

続きを読む