1:紅茶飲み(゚д゚) ◆TeaCupJC8I @吉本旧喜劇φ ★:2011/11/28(月) 23:02:49.30 ID:???0

ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルターレンシス)が絶滅した原因は、現生人類(ホモ・サピエンス)との異種交配だったという研究結果が発表された。

研究チームは次のようなシナリオを描いている。寒冷化する気候をしのぐため、ネアンデルタール人は遠くへと旅を続けた。そして、現生人類と出会い、交配が増え、混合種が生まれるようになる。

遺伝子混合が何世代にもわたると、個体数が圧倒的に少ないネアンデルタール人のゲノムはしだいに減り、現生人類の中に吸収されていった。

研究チームの一員でアメリカにあるアリゾナ州立大学人類進化・社会変化学部の考古学者マイケル・バートン氏は、「異種間の遺伝子流動が進むと、どちらか一方の種が明確なグループとして識別できなくなり、消え去る場合がある」と話す。

◆当然の成り行き
ネアンデルタール人はおよそ3万年前に絶滅したと考えられている。その原因は、「現生人類とは異なり、寒冷化する世界に適応できなかったから」という説がある。

しかし、「氷河期が始まったとき、ネアンデルタール人は現生人類と同じように対応した。食料やその他さまざまな資源を求めて行動範囲を広げていったのだ」とバートン氏は述べる。移動範囲が広がると、遠くのほかの種と接触する機会も増える。「考古学的なデータによると、ユーラシア大陸では、氷河期の進行に伴い異種間の接触が増えていたようだ」。

残された資源を巡って互いに遭遇する機会が増え、交配も頻繁になっていった。バートン氏は、「交配が進むのは“当然の成り行き”だ。科学では最もシンプルな説明が求められる」と話す。

異種交配の増加による影響を計測するため、バートン氏の研究チームは、ネアンデルタール人1500世代にわたるコンピューターモデルを開発した。

分析の結果、「現生人類による遺伝子汚染のために絶滅した」と判明。この説は以前から唱えられており、今回は最新技術による補強に成功した。(>>2以降に続く)

November 28, 2011
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20111128001&expand#title

画像:DNA情報に基づき復元されたネアンデルタール人の女性。
1_1


2:紅茶飲み(゚д゚) ◆TeaCupJC8I @吉本旧喜劇φ ★:2011/11/28(月) 23:03:03.20 ID:???0

>>1の続き

◆交配による絶滅

遺伝子汚染が種の絶滅を引き起こすことはよく知られており、動物でも植物でも当てはまる。

「ある種が何らかの理由によって近縁種と交流を始め、それが活発化すると絶滅につながる場合がある。 片方の個体数が圧倒的に少ない場合は特に可能性が高い」とバートン氏は説明する。「保全生物学では、これを“交配による絶滅”と表現している」。

◆エモノを探す男性

ドイツのライプチヒにあるマックス・プランク進化人類学研究所の古人類学者ベンス・フィオラ(Bence Viola)氏は、今回の研究を受けて次のように話す。「“異種交配はそれほど進んでいなかった”というモデルもあるが、今回の研究結果は非常に興味深い。やはり、異種交配は頻繁だったと考える方が妥当だろう。現生人類の男性がネアンデルタール人の女性に出会ったら、必ず交配を試みたはずだ」。

研究チームのバートン氏は、ほかの人類種や人類の祖先種も異種交配で絶滅したと考えている。「ただし、その遺伝子は消え去ったわけではない。おそらく文化も個体数の多かった狩猟採集民の中に融合していったのだろう」。

フィオラ氏は、「異種交配は“原因の一つ”ではあったと思うが、唯一とは考えられない」と指摘する。

「ネアンデルタール人が姿を消したおよそ3万年前には寒冷化が始まり、肉体的に乗り越えるのは難しかったと考えられる。また、アフリカからやって来た現生人類がある種の病気を持ち込み、それに対する免疫がなかった可能性もある。このような点は、従来の考古学的手法で検証することが非常に難しい。コンピューターモデルはさまざまなアイデアを吟味する上で有益なツールだ」。

今回の研究成果は、「Human Ecology」誌12月号に掲載される。(おわり)

44:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:12:58.28 ID:aIjajbOm0

>>2
> やはり、異種交配は頻繁だったと考える方が妥当だろう。現生人類の男性がネアンデルタール人の女性に出会ったら、
> 必ず交配を試みたはずだ」。

まあな(´・ω・`)

44_1


101:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:23:17.68 ID:+Tf54w1m0

>>44
かわいいかわいくないで言えばかわいいとは思うが
なんかじっと見てると不気味な顔つきだな
それこそ不気味の谷現象というのかもしれんが

247:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:47:37.57 ID:BYiN3O500

>>101
表情がないから不気味に見えるだけだよ。
それにこれ、骨格から再現しただけだから、
実際にはもう少し肉付きが違ってて、
もっとかわいい顔だったかもしれん。

48:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:13:09.69 ID:Kc8LuhKj0

>>2
「ある種が何らかの理由によって近縁種と交流を始め、それが活発化すると絶滅につながる場合がある。
片方の個体数が圧倒的に少ない場合は特に可能性が高い」

TPPですね。分かります。

3:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:05:08.47 ID:R8oyIFyz0

つまり黒人白人黄色人種がなくなった・・・みたいな感じなのかな?

14:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:07:41.09 ID:MIXJp3Bj0

絶滅というより、人類に吸収されたってことだな。我々にはネアンデルタール人の
血も混じっているわけだ。たまにネアンデルタール人みたいな人がいるのも、これ
で納得だな。隔世遺伝で形質があらわれたんだと思う。

20:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:08:59.44 ID:wkVUNqCb0

>>14
だったら、それは違う種として分ける意味があるのだろうか。
ネアンデルタール人も白人や黒人と同じ人種の一つに過ぎないてことにならんか?

224:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:44:49.47 ID:dN2aJxI/0

>>20
一応、種の定義に地理的隔離ってのがあるから、それが機能していた時代があれば別種。
タイワンザルとニホンザルは交雑出来きて実際コンタミが問題になってるけど別種なわけだ。

19:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:08:43.64 ID:JC2sfBYZ0

優性遺伝子と劣勢遺伝子だな。
遺伝しやすい形質と遺伝しにくい形質。

血液型だとA,Bが優勢でOが劣勢。
将来的には血液型からO型がなくなってA型だらけになると予測するものもいる。


69:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:17:24.32 ID:xLzIOt2a0

>>19
中学生の生物からやり直せw
優性・劣性は引き継いだ遺伝形質の発現のし易さであって、
遺伝のし易さとは何にも関係ねぇよw

遺伝子が残るか残らないかは外部からの淘汰圧だアホ。

143:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:31:40.57 ID:vOgt5j7W0

>>19
劣勢ってのは消えてなくなるんじゃなくって、形質としてでてこないだけで遺伝子上は残ってる。
だからA型の人は形質は出てこなくてもOの遺伝子を持った人もいるから無くなることはない。

245:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:47:34.49 ID:P3YPHOq70

>>19
アホかw
優性遺伝と言っても発現形質が優勢なだけで、
O型の遺伝子がなくなるわけではない。
なんらかの淘汰圧がない限りは、A,B,O,ABの比率は維持される。
Y遺伝子が優勢的に発現するからといって、
男だらけになるってことはないわけだしな。

652:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 02:13:00.36 ID:oPak0nbD0

>>19
の人気に嫉妬・・・これスルーじゃないのか・・・

65:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:15:55.59 ID:q1+1JQul0

>>1
ネアンデルはいい奴だったのにな

107:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:24:04.68 ID:gs3bO3KM0

父ちゃんと母ちゃんが離婚するんだけど、どっちについていこうかネアンデル

668:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 02:23:30.94 ID:KRZeswvc0

>>107

958:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 09:10:11.67 ID:ua2Rg/jq0

>>107

108:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:24:08.04 ID:3Pin27LP0

じゃあ、ゴリラやチンパンジーとも、人類は交配できるのか?

285:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:53:41.61 ID:HcKE2htU0

>>108
何10回と試されたはずだがそれでも無理だから無理なんだろう

183:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:38:41.43 ID:bT/5/cdL0

柴犬とチワワが交配して言っても
柴犬が圧倒的に多ければチワワ的な犬は
地理的要因が無ければ居なくなるってワケだ

226:名無しさん@12周年:2011/11/28(月) 23:44:55.54 ID:hD7j46hm0

なんかネアンデルタール人が現生人類に勝てなかった理由は、
喉頭の発達が遅れていて発音できる音が少なかったからだとか
いう説を聞いたことがあるが、それを言いだした学者にカラスとか
オウム・ヨウムなんかを混ぜた鳥の骨格をいろいろ見せて、どれが
言葉を話せるか当てさせてみたい。

330:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 00:01:30.73 ID:OlRjPPft0

人間に近い種が居ないのは何故か
 近すぎるせいで脅威となり争って滅ぼしたから
 いろいろ交配して全部取り込んだから
多分両方。アフリカなどの未開人の行動がそれを物が語ってる
闘争になれば男は殺し女は奪い交配するのを繰り返した結果だと思う
人間は交配が出来る範囲は全て犯りつくした変態の末裔なんだな

350:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 00:05:15.32 ID:/VQfg7sy0

オオサンショウウオも大陸のやつによって絶滅寸前だしな。

379:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 00:11:55.88 ID:tc2ha39b0

ネアンデルタールのほうが寒冷地に住んでたんじゃないのか?
いわゆる北欧系の身体的な特徴は寒冷地穴居人の特徴だろ。
とすると現生人類のほうが北に出かけて行ってやったのかな。

381:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 00:12:04.39 ID:DpJ3sytm0

強制的に交配を試みても罪に問われないホモサピエンスの近縁種が欲しい

407:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 00:17:10.98 ID:d3bbZPMm0

>>381
つオリエント工業

382:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 00:12:23.15 ID:66tXiU4O0

日本のトキは既に絶滅してるよね

434:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 00:21:47.78 ID:fDQ8k98O0

>>382
・渡りをしてた群れがある
・種の全個体に飛行能力がある

これがあるので、絶滅したとは言い切れんのよ

コウノトリは、渡ってくるものがいるから絶滅扱いになってない

394:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 00:14:14.13 ID:xjrSDyWj0

交雑で混ざって今の人類があると言わないのは何故?
読んでるかぎり、おんなじことだと思うんだが。

523:名無しさん@12周年:2011/11/29(火) 00:56:30.69 ID:xB4g6zj10

数の勝利かぁ



このエントリーをはてなブックマークに追加する このエントリーをはてなブックマークに追加