1:全裸であそぼ! ◆16ZaGShCeE @全裸であそぼ!φ ★:2011/02/14(月) 21:40:23 ID:???0

太陽系に属する遥か彼方に新惑星を発見か!? 木星の4倍近くもある大きさだという。今まで発見されなかったのは、太陽―地球間の数千倍という遠距離軌道を回っているためだという説明だ。

オールト星雲(=太陽系を取り囲む形で存在すると言われる小天体群)の周辺に、この巨大ガス惑星・「Tyche」が存在するということが、今年中には発表される見込みだ。Nasaは宇宙望遠鏡「ワイズ」で既に証拠データを収集しており、現在は詳細な調査が行われているところだという。2年以内には「Tyche」の存在が証明されるのではないかと、ルイジアナ大学のダニエル・ウィットマイアー教授は見ている。 (以下、時間がないため割愛御免)

1_1

1_2


英デイリー・メール:
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1356748/Search-Tyche-believed-largest-planet-solar-system.html

2:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:40:59 ID:Au/2cwDz0

冥王星さらに涙目

22:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:45:31 ID:82zeVOEb0

既に名前が決まってますけど。

第10番惑星 魔王星Lucifer
第11番惑星 智王星Metis
第12番惑星 神無月星Kaminatukisei
第13番惑星 雷王星Jupiter2

23:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:45:32 ID:me+DyQDh0

名前なんになるの?

28:婆 ◆HKZsYRUkck :2011/02/14(月) 21:46:08 ID:dqakeFSI0

周期は何年なの?

30:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:46:29 ID:N++K7y4T0

太陽系の縁に潜む「彗星を地球に投げつける」巨大な物体ネメシスの存在の可能性

最新の計算によると、地球の方向に彗星を送り出していると考えられるこの

巨大な物体は木星の4倍の大きさがある。
科学者たちは、オールトの雲の中の彗星を分析し、そのうちの 25パーセント
ほどの彗星は、その自らの軌道を変えるために、少なくとも木星ほど大きさ
の物体によって突かれることを必要とするという推論を出した。

恐竜たちを絶滅させたような大量絶滅は、きっかり2700万年ごとに地球を

襲っている――最新の化石分析によって、このような結論が導き出された。
しかし、プレプリント・サーバー arXiv に発表された論文は、恐竜絶滅の
原因として議論されている1つの仮説を否定している。その仮説とは、太陽
には未発見な伴星『ネメシス』があり、これが地球に定期的に大量の彗星を
衝突させて生物を死滅させてきたというものだ。

「死の星」ネメシス[「ネメシスは元々ギリシア神話で「神の怒り」を表す

女神]の存在が初めて示唆されたのは1984年のことだ。古生物学者の
デビッド・ラウプ氏とジャック・セプコスキー氏が、海洋生物の化石記録
から、生物絶滅が驚くほど定期的に繰り返されていることを発見したこと
から、これを説明する仮説として提唱された。
少し前の1980年には、恐竜は隕石衝突による壊滅的な打撃を受けて絶滅した
とする説が唱えられていたことから、目に見えない宇宙の狙撃手が、
内太陽系に向かって彗星を撃ち込んでくるというのは、あり得る話に思われた。

周期的な大量絶滅を説明するために、2つの独立した天文学者のグループが

それぞれ提出した仮説によると、太陽から1~2光年離れたところに暗い
褐色矮星または赤色矮星があり、その星(ネメシス)が2600万年から2700万年
ごとにオールトの雲を乱して莫大な氷や岩石を発生させて、地球に衝突の
被害をもたらしている可能性があるという。


http://oka-jp.seesaa.net/article/172665486.html

38:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:47:25 ID:nMT1CgHP0

とうとう見つけてしまったか・・・
これで人類は滅亡への第一歩を踏み出したことになる

43:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:47:57 ID:xnqfoKG/0

セーラー戦士が一人足りなくなるじゃないか

49:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:48:42 ID:RSrpYg7A0

>>43
逆だろ。新キャラで稼ぐチャンスだろ。

64:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:49:51 ID:ppvHd1ykO

そんだけデカけりゃ褐色わい星じゃね?
なんでいままで見つからないんだよw
下手したらニュートン力学レベルでも見つかる物体だろw

219:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:05:47 ID:AwO8sOcl0

>>64

問題はこの大きさってのが直径なのか質量なのか書いてないってことだな
常識で考えれば大きさとは直径のことだが、天文学の記事だと質量の意味で使われることが往々にしてあるからなぁ・・・

個人的にはこの4倍ってのは多分質量の意味だと思ってる
木星の数十倍の質量の褐色矮星でも、直径自体は木星の2倍あるかないかってレベルだから

75:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:51:08 ID:V/MtwXaf0

http://www.space.com/9612-giant-stealth-planet-explain-rain-comets-solar-system-edge.html
こっちの記事がもう少しまともだった。

182:婆 ◆HKZsYRUkck :2011/02/14(月) 22:01:28 ID:dqakeFSI0

>>75
おお、ありがとう。
ネメシスさんの姉妹なのか。

80:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:51:24 ID:b+RKHH+e0

>>1
ガス惑星ってなんですか?
太陽のこと?

156:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:58:12 ID:gsvyI+j60

>>80 ガスでできた惑星
もくとってんかい です

177:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:00:56 ID:b+RKHH+e0

>>156
へぇ~
そうなんですか
じゃあ仮に木星でスカイダイビングした場合
ガスの層を突き抜けて一気にコアに行っちゃうのかしら?

194:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:02:52 ID:BMuodPGg0

>>177
コアに到達する前に圧力でペチャンコになります

244:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:09:23 ID:gsvyI+j60

>>177 いっぱいあるとしたに行くほど気圧が上がるでしょ
空気見たく 
それが10気圧 100気圧って だんだん上から押しつぶす重さが増えていくです
そうすると潰れる 単位堆積当たりの重量(比重)も増えていく
水素やヘリームなんだけど 押しつぶされると気体じゃなくなってきます
液体になって ますます重くなる
で最後は固体(コア)

でもね 誰も見たわけじゃないからw

91:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:51:53 ID:EVcuvK6U0

ボイジャーの太陽系脱出がさらに遠のいた・・・。

104:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:52:56 ID:P6hVLSzT0

なんでそんな巨大なモノが今まで発見されなかったんだろう。

108:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:53:33 ID:PMqtHf2/O

巨大な惑星が3つ以上あると軌道が不安定になりやすいんじゃなかったっけ?

229:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:06:59 ID:CaE1cy2xO

>>108
まだ軌道が発表されてないが、有史以来発見されてなかった訳だから、公転周期は万年単位かもしれん。
近日点ですらエッジワース・カイパーベルトの遥か向こうかも。
それほど他惑星より遠ければ惑星の軌道に与える影響はさほどではないだろう。
太陽系の外縁天体の軌道には影響が出てるかもしれない。長周期彗星の原因かも。

280:婆 ◆HKZsYRUkck :2011/02/14(月) 22:14:39 ID:dqakeFSI0

>>229
でかい惑星が回ってれば、太陽もわずかながらグラついてるってことだよな(共通
重心は太陽の中心にごく近いところだろうけど)。
地球の歳差運動のミランコビッチサイクルが11万年周期の氷河期サイクルを
起こしているように、こいつの影響もないもんかしら。どっちにしても
人類はまだ1周期分を体験してないわけだけど。

109:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 21:53:35 ID:RoxTGTNg0

修学旅行で行ったわ

220:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:06:00 ID:jF+aICj80

冥王星と名付けてやって欲しい

225:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:06:54 ID:otIcNMr6O

太陽からこれだけ離れてたらガスが固体化して氷になって、冥王星よりもよっぽど反射率上がるんじゃないの?
まして木星の四倍だ?
なら質量的に、恒星に近い形態になってないとおかしいんじゃない?
彗星の誤認じゃないのこれ?


242:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:09:14 ID:jUh8aK5r0

>>225
木星の数倍規模の超巨大惑星は、系外惑星ではすでに発見されているし。
それだけで恒星に準ずるとは言えないよ

262:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:11:44 ID:ARQJwp9f0

>>225
彗星で木星の4倍デカイ物はありえない。最大の彗星ですら冥王星の小型衛星程度しかない

292:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:16:21 ID:YhQ8hUKB0

>>225
>なら質量的に、恒星に近い形態になってないとおかしいんじゃない?
直径が木星の四倍≒直径が太陽の四割
つまり質量は太陽の16%程度でしかない

恒星になるにはちょっと質量不足

335:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 22:23:20 ID:sFx1cNz80

>>292
待て待て何言ってる。太陽はそんなに軽くないぞ。
木星の4倍でも太陽のたった0.38%だ


641:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:10:03 ID:Vx3hq53H0

オールト雲の中ちょっと探してこんなの見つかるって、
ぐるっと360度探したら、恒星になれるくらいの質量持ったのあるんじゃね?

銀河系の7割の恒星が連星っていうのに、太陽系が連星系の素質ない方がおかしい。

675:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:15:17 ID:PxsqpBLhP

デイリーメールのサイトの図を見てみると、
オールトの雲の中、太陽系の外周をぐるっと回ってるみたい?
これ、土星や木星軌道と交差して、
中のほうには入り込んでこないのかな?
ふちをまわってるだけ?

公転周期どれくらいなんだろう…。


686:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:16:58 ID:UkK3GiONO

宇宙のことは、考えないようにしてる

691:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:17:36 ID:pkRI3b+j0

なにこれ、さらっと言ってるが物凄いニュースじゃないの?w

727:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:25:25 ID:nk6WGQx/0

>>691
もし本当ならそうなんだよ。
新聞の一面に大きく載るようなね。
だけど、それは日本では無いだろうね。
この国のメディアは、価値基準がおかしいから。

757:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:31:32 ID:SV9VFzod0

>>727
いやだってまだ仮説の段階だし

783:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:36:32 ID:WFz6ASF30

よくわからんけど、ハレー彗星の軌道の大外と比べたらどっちが遠いの?

794:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:39:27 ID:QFujz0W60

>>783
比較にならないほど遠い。
ハレー彗星の遠日点は、海王星の軌道程度(約30天文単位)。
今度のは1000天文単位以上。


814:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:45:14 ID:Vx3hq53H0

>>794
ハレー彗星ってまだあるの?
前回地球圏にきて戻ってく最中に、突然明るく光った時があって、
何かに衝突したんだろうとかって記事がなかったっけ?

830:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:50:23 ID:QFujz0W60

>>814
多分、読んだのは同じ記事です。
とりあえず、「消滅した」との証拠はないはず。
あの距離で、あんな小さい天体の変化を知ることは
まだできないんだよね……残念ながら。
願わくば、2061年の再来を見たいけど…。

855:名無しさん@十一周年:2011/02/14(月) 23:54:37 ID:qEQbNO1N0

>>830
二回ぐらい世界大戦ありそう



このエントリーをはてなブックマークに追加する このエントリーをはてなブックマークに追加